レポート

ニューロカフェ in 駒ヶ根 Vol.1 〜蔵出しイベント〜

by 2017年4月 1日 10:37 PM

3月11日、朝トレ英語塾の成瀬先生とのご縁により、長野県は駒ヶ根市にて「蔵出しイベント」と称しての
杮落しイベントを開催いたしました。
今回は東京から来た総勢10名の男女で大正、昭和時代のものがつまっている蔵の中の清掃を実施いたしました。

南アルプスと中央アルプスにはさまれた駒ヶ根の景色は澄んだ空気に包まれており、
自分たちが住んでる東京では、なかなか味わえない静寂な休日を過ごすことができました。

1つの蔵の清掃は大人10人でも5時間を要する程に中々ハードな作業。
しかし、50年前の新聞紙や服、着物、お皿など、今ではあまりみることができないものが
たくさんつまった蔵の中で、どこかノスタルジーな気持ちになりました。

いくつかの掘り出し物はニューロカフェにて今後利用させていただくことになりました。

そして、以前ニューロカフェを借りてくださった長野県上田市に本社を構える「循環の家づくり」
を提唱している工務店「アトリエDEF」さんの小島様にも蔵を見学していいただき、
貴重なアドバイスを聴かせていただきました。
次回は「循環の家」に皆でお邪魔させていただきたいと思います。

帰りは「こぶしの湯」でゆっくり温泉につかり、
「お食事処すが野」で駒ヶ根名物のソースカツ丼・馬刺を食べて、
今後の話に花を咲かせました。

これからはじめようとしていること。
関わってくれるひとのこと。
2時間半の帰り道、それぞれがそれぞれに今後の駒ヶ根での活動について考えていました。
自分たちの足でゆっくりと確かに歩いていこうと思います。

吉祥寺ニューロカフェに新しく加わった備品たち。 素敵な空間を演出してくれる予定。

名物のソースカツ丼。

完成度の高い掘り出し物バッジ。

たくさんの古い洋服や着物。

pagetop