レポート

"ノーコンセントがコンセプト"「素」イベントレポート

by 2017年4月 1日 10:37 PM

あえて電気を使わない事でどこまで楽しめるのか?という実験イベント

2月19日にニューロカフェで実施されたイベント「素」は"ノーコンセントがコンセプト"という、この日だけは電気を一切使わずにどこまで楽しめるか!?という実験的なイベントでした。
電気を使わないという事は、もちろん暖房も使わない、トイレの電気も使わない、BGMを流すスピーカーもPCも使わない...というたくさんの縛りはありましたが当日は晴天に恵まれてニューロカフェには暖かい日射しが差し込んで、暖房が無くても一日中暖かく過ごすこともできました。夜は電気の代わりに蝋燭を灯すことで普段のニューロカフェとはまたひと味違った空間を演出することができました。
この日は約10名の作家さん達による絵の展示やライブペインティング、ポストカードや手作り蝋燭の販売があったり、ギターとボンゴとラップというアコースティックライブもあり、JILL★CAFEさんによる美味しいチーズケーキやあら汁とおにぎりといった軽食のケータリングもあり、正直なところ電気を使っていないことを忘れるくらい盛りだくさんのイベントでした。
今回、このイベントを企画したのは都内のライブハウスやクラブで活躍するGARBLEPOOR!のギタリストであるIWASAさんと東日本大震災復興支援グリーンジャンボ宝くじのイラストを手がけた松嶋ひろしさん。下記の文章が今回のイベント「素」を皆さんに知ってもらうのに一番伝わりやすいと思い、掲載させていただきます。

次回の「素」は4月15日(日)に実施する予定でございます。乞うご期待!

コンセントにプラグを挿すと電気がやってくる。
あれ?ぼくらはずいぶんコンセントに自分たちを委ねているよ。
電気は、ひとの生活に欠かせないエネルギー。
コンセントに繋げば、電化製品は動き出す。
冷やしたり、あっためたり、音が鳴ったり、光ったり。
便利だね。けれど、そのありがたみを結構忘れがちだね。
うん。
その日、一日はコンセントからプラグを抜いてみようと思う。
案外、電気が無くても平気かもしれない。
いや、アレだけは必要かもしれない。
そんなぼくらと電気との関わり方を感じてみたいと思う。
ぼくらの、素のままでいること。
ぼくらの、底力を知ること。
ぼくらの決める、線引き。
楽しく過ごすために、何がどこまで必要で、何が勿体無いだろうか。
見つけられたら素敵です。
2月19日、ちょっと試してみようと思います。
音を奏でたり、絵を描いたり、
食事をしたり、言葉を交わしたり。
...肩肘を張らずに、難しいことは考えないで、
素の姿を感じてみようと思います。
どうでしょう?
吉祥寺ニューロカフェにて実験的に開催です。


改めて今回参加していただいた作家さんやお越しいただきました方々ありがとうございました


参加アーティスト 

■展示■
細野ばいそん
http://bisonsan.jimdo.com/
櫻井こうじ
http://www1.ocn.ne.jp/~sakuraco/
平井さぶ
http://hiraisabu.jimdo.com/
水飼晴香
山岸洋介
http://yyw.6.ql.bz/index.html
長南彩香
http://blog.livedoor.jp/awakiharaayaka/
いーじまーな
http://m-pe.tv/u/page.php?uid=iijimamana0410&id=1
杏恋
http://btys.jp/19870929/
ジミー
マッシモロッシ
http://homepage3.nifty.com/matts-h/

■演奏■
難病BEAT声造(Bongo)
http://atsushimiki.gozaru.jp/
IWASA(Accorstic Guitar)
http://www.k5.dion.ne.jp/~hoyabr/
GOUKI(Rap/Shaker)
http://baackseatchill.com/

■食■
JILL★CAFE
https://twitter.com/#!/JILL_DERELLA

イベントフライヤーと会場準備の模様。

イベントの模様。ちなみに今回はイベント中の写真の模様はインスタントカメラの「写るんです」を使いました。そこまで徹底するのは楽しかったです。"縛りのある中で見つける自由"というのがクリエイティブの原点なんじゃないかと改めて実感できるきっかけにもなりました。

この日は誰でも自由に楽器に触れられるようにしておりました。BGMが無い中でも誰かが楽器を鳴らすだけでもその場の雰囲気は変わりました。ポストカードや手作り蝋燭など、作家さんの作品も多数出品されておりました。

イベント終了後。皆さんお疲れさまでした。

pagetop