イベント

ニューロカフェ×写真家石黒健治コラボ企画 写真ワークショップ「真眼塾」

by 2017年4月 1日 10:37 PM

このたび写真家石黒健治氏の全面協力で「真眼塾(SHINGANJYUKU)」開講の運びとなり、記念呑み会を行うことになりました。

「真眼塾」とは

「写真を撮る」技術的な側面を学ぶだけに終止せず、写真を見る時・撮る時の、視点、構図の仕組み、写真評論の読み解き、時にはディスカッションをしたりすることで、写真に関する視点や思考が、写真以外の物事を読み解く力にもつながる、
そんな、文字通り「真眼」を培うための写真ワークショップです。

このワークショップには、カメラマンの方に限らず、編集者、デザイナー、アーティスト、IT、美容師、等幅広いジャンルのクリエイターの方にご参加頂き、それぞれの制作活動に活かして頂きたいとおもっています。

「真眼塾開講」記念呑み会

真眼塾、開講記念飲み会!キックオフ!!
開講記念でのお話についてご紹介です。

まず一つ目のテーマは「フォト・イノチェンティについて」
ラルティーグを始めとするイノチェンティ(イノセント)なカメラマン達の写真について白熱?トークをしてみたいと思っています。ラルティーグの子供のような視点から生み出された数々の作品について、皆さんとお話ししましょう!
そして2つ目のテーマは「カメラマンVSフォトグラファーについて」
体力、視力、忍耐力と、アスリート並のフィジカルを備え、日々シャッターを押し続けるカメラマンと、アートとして作品を捉え、独自の世界観を広げるフォトグラファーについて、これもまた皆さんで白熱トークがしたいと思っています。

真眼塾では、写真を通して、社会を読み解き、自己を理解する視点を持つ、そして何よりも、カメラを構えた時のワクワク感がこれまで以上にわき上がる、そんな教室にしたいと思っています。カメラマンの方から、デザイナー、編集、アーティスト、IT、美容師の方など、様々なジャンルで活躍される方々の受講をお待ちしております!
当日は、食事付きの飲み会スタイルで行いますのでどうぞお気軽にお越し下さい。詳細は下記ニューロカフェサイトをご覧下さい。

日 時 2012年7月22日(日)19時ー23時00分
場 所 Neuro Café 東京
※JR千駄ヶ谷駅より徒歩約7分、地下鉄銀座線外苑前駅より徒歩7分
http://www.neuro-cafe.com/lp_tokyo/
東京都渋谷区神宮前2丁目13番2号2F
参加費 4,000円(お酒+フード)
関連サイト 石黒健治Webサイト http://ishigurokenji.com/
OLYMPUS PRO PHOTOS http://www.olympus.co.jp/jp/corc/corp-ad/bm/e-system/vol7/ishiguro/index.cfm
お問い合わせ info@neuro-cafe.com

写真家 石黒健治 プロフィール
1935年福井県生まれ。1959年桑沢デザイン研究所修了。同年、写真協会新人奨励賞受賞。主な写真展に「不 幸な若者たち」「ナチュラル」「シアター」「夫婦の肖像」など。写真集は「広島HIROSHIMA NOW」「ナチュラル」など。そのほか、ミステリードキュメント「サキエル氏のパスポート」を出版。また、映画「人間蒸発」(今村昌平監督)の撮影担当、 「無力の王」(東映セントラル)を監督など、多方面で活躍。
作品集『沸騰時代の肖像 PORTRAITS OF THE 60S』 石坂浩二、五木寛之、加賀まりこ、鈴木いづみ、津川雅彦、寺山修司、美輪明宏、吉永小百合、唐十郎、麻丘めぐみ、浅川マキ、阿部薫、岡田真澄、浜美枝、長門裕之......1960年代を彩った、豪華スターたちの肖像。全点モノクロ、写真約120点所収。

pagetop