イベント

利き酒ジャンボリー~長野酒造巡り ひやおろしの会~10.13(土)18時30分@神宮前

by 2017年4月 1日 10:36 PM

ひやおろしと新鮮な秋の味覚をご賞味あれ


"旨い地酒と地元の食材を使った料理を通して地域の文化や人の魅力を共有する"をモットーとする利き酒ジャンボリー~長野酒造巡り~の第二弾は日本酒が一番美味しい季節と言われる秋の定番"ひやおろし"を楽しむ会です。


〈ひやおろしとは〉

冬季に醸造したあと春から夏にかけて涼しい酒蔵で貯蔵・熟成させ、気温の下がる秋に瓶詰めして出荷する酒のことである。その際、火入れをしない(冷えたままで卸す)ことから、この名称ができた。醸造年度を越して出荷されるという意味では、ほんらい古酒に区分されることになるが、慣行的に新酒の一種として扱われる。ーwikipediaより抜粋。


日本酒の熟成した旨みと芳醇な香りを秋の味覚と共に味わい、今年の収穫を皆さんで祝おうじゃあーりませんか!


今回はお祭り事ということでちょっぴり神秘的なお話をしていただけるゲストスピーカーの方をお呼びしました。秋の南信~中信エリアの聖地や山を彼と一緒に巡り長野の土地のルーツにを探検してきたレポートを当日お話させていただきます。


土地の本質を知りながら長野の土から産まれた食材を存分に活かした日本酒とお料理を楽しむ。

贅沢な休日を嗜みに来てください。


詳細-----------------------------------------------------------------------------------------

日時:10月13日(土)開場 18時30分 終了 22時30分

会場:ニューロカフェ東京(神宮前)

※吉祥寺ではございませんのでご注意ください。

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目13-2 2F

入場料:2,000円(with 利き酒3点セットor 1DRINK+お通し付き)

企画・運営:ニューロカフェ

お問合せ:info@neuro-cafe.com


■ゲストスピーカー:内田一成(日本山岳修験学会会員)

日本におけるレイラインハンティングの第一人者。

10代から登山やデザートレース(砂漠を二輪で走るレース)に親しみ、その中で経験した土地に固有の雰囲気(地霊=ゲニウス・ロキ)の謎を実地に探るようになる。修験道や神話などの研究も敷衍しつつ、GPSやデジタルマップ、地磁気センサーなどの先進技術を使って、聖地に秘められた謎を解き明かしている。

今回はニューロカフェと冒険家、アスリートとの体験共有メディア"docue!"とのタイアップ企画として、長野県駒ヶ根市に赴き南信州~中信州エリアの地霊の本質についてのレポートをお話していただきます。


・ウェブサイト

http://www.ley-line.net/index.html

http://www.obtweb.com/index.html


・著書

『レイラインハンター』(アールズ出版)

『再見西域-新彊シルクロード自動車旅行記』(山海堂)

『アウトドア百科-Outdoor Basic Technic』(舵社)

など


■日本酒セレクター:マツエダ マリ

〈PROFILE〉

福岡県生まれ。

酒の国福岡で育つ。

純米酒の旨さに感動&開眼し、日本酒の世界にどっぷりとつかる事になる。

ライフワークは飲み歩き・日本酒蔵巡り。

長野県が主催するスタンプラリーの77蔵を吉祥寺の飲み仲間と共に制覇。

酒縁で出会う人と人の繋がりをこよなく愛す。

現在は全国の酒蔵を巡る計画を立てるなど、日本酒への愛情を持っている。

 

〈WORKS〉

「一つの蔵を飲み比べる会」in 吉祥寺「にほん酒屋」

「日本酒マルシェ」in 西荻窪「水の空ギャラリー」

「長野の美酒を楽しむ会」in 吉祥寺「cafe & gallery PARADA」(第1回~第4回 )武蔵境「落日酒楽」 (第5回 )


〈BLOG〉

「日本酒かふぇ」

http://maririn79.exblog.jp/


■料理:gohan.h

〈PROFILE〉

フード・コーディネーター。都内のバー、ワインバーの勤務を経て、2011年より、イベント、ケータリング、料理教室などで、クライアントのニーズに合わせた料理を提供。ワインのセレクト、野菜・魚料理を得意とし、素材を持ち味にした料理に定評がある。


■8.31 利き酒ジャンボリー〜長野酒造巡り〜夏酒編レポート

http://neuro-cafe.com/2012/09/post-14.html

pagetop