イベント

三枝健起作品を鑑賞する会 vol.6 〜ドラマ「冬の魔術師」〜

by 2017年4月 1日 10:36 PM

唐十郎作品や『MISTY』、『追う男』、『匂いガラス』など数々の映画・ドラマ・舞台を手がける
三枝健起監督の作品鑑賞会vol.6は、市川・三枝コンビの、ドラマ「冬の魔術師」を上映いたします。
今回もご本人に来場していただき、撮影秘話などもインタビューさせていただく予定です。
事の発端は、三枝健起NHKドキュメンタリー「金魚KABUKI」において少年役で映像デビューして以来、
監督を敬愛している吉葉早苗と、ニューロカフェスタッフ橋本すみれとの話からこの企画がスタート。 
NHKで放映後アーカイブス所蔵のDVD化されていない三枝作品を、自分達だけではなく、
興味のある皆様や、演劇関係の方などと、素晴らしい作品をみなさんと一緒に鑑賞しよう、というこの鑑賞会。
世代を超えて楽しみ、感動を得て、豊かな時間を過ごし、新たな人ととの交流が生まれる事を願った企画です。
口コミやネット上で、リクエストの多い作品、人気作を含め、順次上映予定!


-------------------------------------------------------
2014年9月10日(水) 
19:00 開場
19:25 ご挨拶と説明
19:30- 21:00 ドラマ「冬の魔術師
       上映(90分)
21:00- 歓談
-------------------------------------------------------


定員:20人 ※要予約
料金:2000円 (2ドリンクつき)
場所:ニューロ東京(神宮前)
   ※地下鉄銀座線外苑前駅より徒歩7分 JR千駄ヶ谷駅より徒歩9分。
   外苑西通り沿い、ビクタースタジオの並びにある
   1階にHENDRIX BARがあるピンク色のビルのエレベーターを2Fへお上がりください。
    〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2丁目13−2 2F Tel:080-4171-1330

お問い合わせ:info@neuro-cafe.com
   ※ご予約の際はお名前、連絡先、年齢、人数を明記をお願いいたします。


-----------------------------------------------------------------------------------
ドラマ『冬の魔術師』1992/9/23NHK放映 について
-----------------------------------------------------------------------------------
演出/三枝健起、 脚本/市川森一
制作/高橋康夫
音楽/三枝成彰
撮影/葛城哲郎
【出演】役所 広司、 樋口可南子、 金 守珍、富士 真奈美、 大野 麻那 他
ストーリー
舞台は長崎県平戸。隠れキリシタンの島である。
冬の海から美しい女と真面目な男が何かに追われるように平戸に漂流する。
女の遠い記憶の中には、かって魔術師に呪文をかけられた少女が逃れられずにいた。
二人は島のホテルが経営する牧場の片隅の小屋に住み始める。
女は牧場のレストランを任され、男は馬の世話役となった。
ホテルでは観光客目当ての風変わりなマジックショーが人気だった。
魔術師の得意の演目は燃えさかる炎の釜にアシスタントを入れ、生きた鶏に変えるという
奇妙なマジックであった。
「死なない鶏」と称しているにも関わらず、魔術師は男が飼育するニワトリを毎日購入しにくるのだ。
そして、女は過去の記憶が溶けるかのように魔術師に惹かれてゆく。
魔術師は太ったアシスタントに愛想をつかし、若い女を誘惑する。
魔術師は母親離れ出来ない男であり、いつまでも子供でいたい願望の持ち主であった。
そんな中、彼の要求する子供の遊びにつき合わされる女はやがて悲しみにくれはじめる。
辿り着いた島が現実の世界なのか?遠い島が幻の世界なのか?女は元の島に帰りたいと思う。
果たして、少女時代にかけられて呪文から逃れることができるか?
荒涼たる廃墟と化した牧場。新しい生活の場であったあの小屋は今では蔦が絡まり入り口は蓋がれていた。その中には...。
このドラマはイタリア賞にノミネートされたが惜しくも受賞ならず、撮影の葛城哲郎氏は芸術選奨大賞を受賞した。

-----------------------------------------------------------------------------------
三枝健起監督のプロフィール
-----------------------------------------------------------------------------------
早稲田大学文学部卒。 1969年NHK入局。
『新日本紀行』などのドキュメンタリーを手がけたあと、報道班で『ニュースセンター 9時』を担当。 
ドラマの代表作は1984年、唐十郎脚本『安寿子の靴』を演出(テレビ大賞新人賞(その後向田邦子賞)。 
その斬新でユニークな作風が注目された。 
80年、ラジオドラマ(昭和15年 まぼろしの東京オリンピック)芸術際大賞。
86年、唐脚本作品『匂いガラス』と松田優作主演『追う男』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。 
87年『雨月の使者』モンテカルロ・シルバーニンフ賞88年『もどり橋』、89年『海照らし』、
90年『緑の果て』、91年『夢みた旅』、92年『冬の魔術師』を演出。
1995年に井上由美子脚本の『天上の青』芸術作品賞。 
『飛べない羽根』でアムステルダム・ゴールデン・レンブラント賞。 オペラ『ヤマトタケル』演出。 
97年には、天海祐希、豊川悦司、金城武が競演した『MISTY』で映画初監督。 
他に映画『あさきゆめみし』『ジェニファ』。
近作に『オリヲン座からの招待状』(浅田次郎原作・主演・宮沢りえ、加瀬亮)。
『春よこい』(主演・工藤夕貴・西島秀俊)
2013年 三枝成彰作曲オペラ「KAMIKAZE」演出 東京文化会館上演
【ケンキ「川」四部作 について】
アマゾン川で撮られた「緑の果て」、神田川での「雨月の使者」、淀川で撮られた「匂いガラス」
鴨川で撮られた「安寿子の靴」の事です。
本鑑賞会では、川四部作を皮切りに、上映しています。

pagetop