レポート

今錦ジャンボリー2014.8.1 レポート

by 2017年4月 1日 10:36 PM

長野県の日本酒「今錦」の試飲会

8月1日、外苑前のキッチン付きレンタルスペースNEURO TOKYO主催の日本酒の試飲会「今錦ジャンボリー」がNEURO TOKYOにて開催されました。

長野県上伊那郡にある米澤酒造が造る日本酒「今錦」。
当日は、蔵人として酒造りをする傍ら、自らラベルデザインを手がけるなど、幅広い仕事をされている米澤酒造の伊沢広海さんにご来場いただき、長野県上伊那のこと、お酒や原料となるお米の作り方やそれぞれの商品の魅力などをお話いただきました。

ご来場のお客様には、まずは5種類のお酒を利き酒していただき、味を比べて楽しんでいただきました。
製法が一緒でも違う田んぼで採れた米を使うと味が違うなど、普段は知る事のできない酒造りの奥深さに触れられたことと思います。

料理はNEURO TOKYOで毎週木曜日に「バー木」を開いてくださっている、渋谷のカフェbenciの三田シェフにご用意頂きました。三田シェフらしい、センスの光る和テイストの料理はお客様にも大好評。今錦との相性も抜群でした。

ニューロカフェ東京が演出する新しい出会いの場所

ニューロカフェ東京らしいリラックスしたアットホームな雰囲気で、伊沢さん自身も「普段の試飲会とはまた違ったお客様に出会えた」とおっしゃられていたのが印象的でした。
またこのような作り手さんとお客様の新しい出会いを演出できる機会をもうけられたらと考えております。

ご来場くださった皆様、ありがとうございました!

8種類の今錦シリーズと仕込み水をご提供しました。

三田シェフによる料理の数々はどれも大好評。

pagetop