レポート

秋の駒ヶ根収穫祭〜2014〜レポート

by 2017年4月 1日 10:36 PM

10月18日に開催された秋の駒ヶ根収穫祭〜2014〜。
昨年に引き続き、天候にも恵まれたくさんの方にご来場いただきました。

前年から引き続き現地からも生産者の方が多数ご来場くださいました。
ニューロカフェスタッフが駒ヶ根に足を運ぶたびにとてもお世話になっているお米農家の林さん。
新米と穫れたてのズッキーニや小麦も販売してくださいました。
黄金色の稲穂のプレゼントには喜んでいるお客様がたくさんいらっしゃいました。

りんご農家の善積さんはもぎたてのりんごにリンゴジュース、ジャムを販売してくださいました。
丁寧に育てられたリンゴの美味しさに驚かれる方も多かったのでは。

駒ヶ根市の山の中にあるパン屋土ころさんは自家製酵母のパンを販売。
地元の素材の味を生かした素朴な味わいが個性的な土ころさんのパン。噛めば噛むほど味わい深く、一度食べたら忘れられません。

今年初参加してくださった山正 米山醤油酒店さん。醤油麹や自分でしぼる醤油キットは人気だったようです。

また、前年に引き続きフライヤーの絵を書いてくださった寺井茉莉子さん。
今回は会場にも絵を飾ってくださいました。1年以上駒ヶ根に滞在し、地元の方々との交流も深めながら個展を開いたりと活動していらっしゃいます。

吉祥寺からも金井米店さんが林さんの作ったお米「ハヤシライス」を使ったおにぎりを販売してくださったり、ニューロ吉祥寺で開催中のパンの朝市「パンイチ!」から中田ベーカリーさんとパンのオオトヤさんが善積さんのリンゴを使ったパンを販売したりと盛りだくさんだった今回。

吉祥寺と駒ヶ根、一見なんの繋がりもないような組み合わせではありますが、ニューロカフェを通じて少しずつ少しずつ人々の営みが輪となって広がっていることを実感した一日でした。

この輪がさらに広がっていくことを楽しみに、
また来年お会いしましょう!!


大人気の善積農園さんのシナノスイート。

たくさんのご来場ありがとうございました!

土ころさんの天然酵母パン。

会場を明るくしてくれた寺井茉莉子さんの絵。

pagetop