レポート

ごはんの時間レポート テーマ「お米」

by 2017年4月 1日 10:35 PM

5月のごはんの時間は「お米」をテーマに、おむすびを食べながら話をすすめていきましたよ。

日本人の主食でもある「お米」。みなさんは1日3食のうちご飯を何回食べますか?
もしかしたら・・パンやパスタなどの小麦製品が多いでしょうか?

「玄米って身体にいいと聞くけど、その栄養を吸収できる体質なのかな?」
「朝ごはんはやっぱり白いご飯が一番だなぁ」
「給食の献立にごはんがでてくる回数によって、体質も変わりそう」
「米農家さんのこだわり・作り方によって米の味がかわってくるなら、米農家さんのこともよく知りたい」
「日本人の身体にとっても米は吸収しやすくて良いのかな?」



話をすすめていくなかで特に印象的だったのは、参加者全員「お米」= 日本人の基本になっている主食という認識を持っていたことです。
これだけ食の欧米化が進んでいる中で「パン」より「お米」という存在は、日本人にとって特別に根付いている何かがあるのでしょうか。
「お米」をテーマに哲学していると「伝統食文化」というキーワードが浮かんできました。
その「伝統食」の中で現在ひときわ存在感が薄れている食材があります・・・それが「おから」。

そもそも私たちは「お米」に並んで「大豆」の食文化も豊富にありますよね。 

「おから」からどんな話が広がるのでしょうか?


 ということで次回は「おから」を哲学します!






次回のテーマは「おから」。ご予約受付中です!
日時 6月11日(木)20:00-22:00
yamamoto.ai@neuro-cafe.com(担当:山本)
*ご予約の際は、お名前と人数を添えて送りください

pagetop