コラム

NEURO CAFE誕生の経緯PART3。"このロケーションを貸し出そう!"

by 2017年4月 1日 10:35 PM

こんにちわ。NEURO CAFEの大戸です。


前回の記事

第一回

第二回


"広告デザインに携わる人がいち早く情報をキャッチし、仕事上のネタをすぐにピックアップできるような環境"〜

のお店、"TENT STOREの出現"の続編。


ネットで中古CDのタイトルを全てアップしていたせいか、そのCDを求めてちょくちょくお客さんが来ていただけるようになりました。

知人のミュージシャンやアーティストなども来て頂いたり、ブラジル音楽のイベントやタイムドメインスピーカーの開発者をお招きしてスピーカーの試聴会なども開催するなど、イベントスペースとしての役割を担うようになりました。


物販とネットカフェ、時々開催するイベント...これだけではなかなか収益化するのは難しい。

本業のWEBデザインの仕事の傍らがあるため本腰を入れて業務に担当する人間が不在だ。

そんな中でもうまくやっていきつつ、面白い人たちが集まるような場所にするには...


井の頭公園が一望でき、天気の良い日には富士山まで見えるこの展望。まさに吉祥寺の展望台とも呼べるこのロケーション。


そうだ、このロケーションを貸し出してみたらどうか!?


場所貸しならオペレーションもルーティン化できるし、貸し出してる時間帯は他の業務もこなせる。


そんな言葉を誰か忘れたが(確か当時のデザイン会社の取締役だった気がする。)発した途端、次の日から壁紙剥がしとペンキ塗り、

床の張替え等、不動産や大家さんへの説明を吹っ飛ばして始めてしまいました。(絶対ダメです。)


気分一転、物が一切無くなり(笑)真っ白い壁に床は木製のフローリング。

NEURO CAFEに爽やかな風が入るようになりました。


"ニューロカフェはライブハウスでもない、居酒屋でもない、セミナールームでもない、仲間どうしで集える場所です。"


そんなキャッチコピーの元、新生ニューロカフェは新たなスタートを切りました。


続く

フリマの時の様子。

窓から見えた朝方の富士山。

pagetop